代表挨拶

代表取締役社長 岡本哲朗

 

代表取締役社長 岡本哲朗

 

システム科学コンサルタンツ株式会社(SSC)は1975年6月に創業し、保健・医療、教育・職業訓練、農産物流通や平和構築などの分野を中心に、プロジェクトの現場から学びつつ、開発途上国の人々の暮らしの安定と向上の支援をめざす開発コンサルタントとして成長してきました。また、海外と並行して国内でも、人々に最も身近な基礎自治体(市町村)を主な顧客とし、行財政マネジメント、各種行政計画の策定、市民参加の支援などに携わっています。

 

SSCは、ODAがインフラ整備中心であった創業当時から、「人」に焦点を当てた「ソフト主導による開発プロジェクト」を掲げ、調査・計画・設計・施工監理・事業運営・評価に一貫して責任を持てるコンサルタントとして、人材育成、制度・組織づくり、事業運営や評価などのソフト分野に加え、機材の選定・調達監理、施設の設計・積算や施工監理といったハード分野でも業務を展開しています。

 

多様で複雑な社会的課題は必ずしも専門性だけでは「最適解」を見出せません。一人ひとりのコンサルタントには広い視野と洞察力、コミュニケーションの力が必要です。しかし、個人の活動だけでは限界があります。SSCは「質と信頼」を基本理念として掲げ、企業としての組織的な活動を強化しつつ、社員一人ひとりの発意が尊重されるプロフェッショナルの集団として挑戦を続けます。

ページの先頭へ