民間企業の海外進出支援

ベトナム国 ICTを駆使した医療連携技術協力型普及・実証事業

事業形態 官民連携事業(中小企業海外展開支援事業(普及・実証事業))
実施期間 2013年8月~2015年1月
発注者 民間企業

背景

ベトナムは、ドイモイ(刷新)政策導入以来、保健医療改革が進み保健基礎指標は改善傾向にあります。しかし、病院の施設・機材の不足、保健医療サービスへのアクセスに地域間格差がある等の課題を抱えています。また、非感染性疾患の罹患率が上昇し、MRI、CT、DRなどの画像診断装置を用いた高度な診断を必要とするものも増え、特に地方の医療従事者の能力向上が急務となっています。
上述のような複合的な要因が重なり、高度な診断が可能な中央病院や大病院に患者が集中し、大病院は常時混雑しています。大病院の過負荷の是正は、保健セクターの重要課題として提言されています。

 

主な活動

大病院の過負荷の是正に寄与すべく、ハノイの中央病院ならびに同病院と医療連携関係にある地方病院の間に、日本の中小企業が開発した「遠隔診断システム」を導入し、地方病院でも中央病院と同等レベルの診断が得られる環境を構築し、画像診断の連携を通じた患者の分散化を目指した実証事業を行っています。

 

  • 病院内PACS機材、遠隔診断機材の導入
  • 日本での医療従事者研修(遠隔診断マネージメント、技術研修)
  • システム運用のモニタリング、改善提案
  • エンドライン調査を通じた効果検証

民間企業の海外進出支援 テレカンファレンスの説明
テレカンファレンスの説明
  民間企業の海外進出支援 遠隔読影リポートソフトの使用方法についての説明(バックマイ病院放射線科カンファレンス)
遠隔読影リポートソフトの
使用方法についての説明
(バックマイ病院放射線科カンファレンス)

民間企業の海外進出支援 日本での研修
日本での研修
   

担当者から一言 日本の中小企業海外展開支援と途上国の開発課題に対する貢献を目指した案件化調査(外務省委託事業)の結果をもとに立案したプロジェクトが、普及・実証事業(JICA委託事業)として採択されたものです。今までSSCが築いたベトナム保健省との良好な関係を基盤としつつ、保健・医療セクターのコンサルティング経験および官民連携事業の様々なスキームに関する包括的な知見をもとに、ODAを活用した民間企業の海外進出をサポートしています。



セネガル国 西アフリカにおける浄水装置を用いた村落給水事業実証調査

事業形態 官民連携事業(BOPビジネス連携促進)
実施期間 2011年3月~2012年9月
発注者 JICA

 

背景

「農村地域での安全な水へのアクセスを向上する」セネガルの貧困削減戦略ペーパー(PRSP)第2 フェーズの中心課題の一つです。しかし、セネガル川流域の水質や地形的要因等から都市水道・地下水等の既存の給水システムを適用できず、安全な水へのアクセスを確立できない村落への対応が大きな課題として残っています。
本事業は、ヤマハ発動機(株)の開発した「表流水を利用した浄水装置」の導入によって、既存の給水システムでは安全な水へのアクセスが困難な村落や安全な水へのアクセスの取り組みが未だ行われていない村落に、安全な水を供給することを目的としたBOP事業です。

 

主な活動

  • セネガル川下流域の給水事情および浄水装置需要調査
  • パイロット事業の実施と評価
    浄水装置の能力検定、村落における水管理の可能性、給水の採算性の検討を目的としたパイロット事業を実施しました。事業終了後、精製される浄水がセネガルの飲料水基準を満たしているか、村落住民による浄水販売事業の実施体制が円滑に運営されているか、村人が浄水の利用に対し設定された料金を支払っているか、の諸点から評価を行いました。
  • パイロット事業の結果を踏まえたセミナーの開催(関係省庁、サンルイ州政府、NGOが参加)

民間企業の海外進出支援 N村洗濯風景
N村洗濯風景
  民間企業の海外進出支援 ヤマハ発動機(株)の開発した浄水装置
ヤマハ発動機(株)の開発した浄水装置

民間企業の海外進出支援 水を買いに来る子供
水を買いに来る子供
  民間企業の海外進出支援 水販売の風景
水販売の風景

担当者から一言
  • 本浄水装置は、村落住民でも維持管理ができる仕様で、流下式のため電力の消費も少ないことから、需要調査の結果、サンルイ州のセネガル川下流域で本浄水装置の導入が望まれる村落は、100以上にのぼることを確認しました。
  • パイロット事業の評価の結果、水管理組合の収支は、浄水器の揚水のための太陽光発電の電力を利用した携帯電話の充電による収入などもあり黒字を計上しています。安全な水の利用により、下痢症状の減少などのインパクトが報告されています。
  • 本事業はJICAがこれまで実施してきたセネガルにおける既存の給水システムを利用したプロジェクトでは対象となり難かった小規模村落に安全な水を提供するものであり、日本の実施する給水分野でのこれまでの活動を補完しうるものです。
ページの先頭へ